「IP電話」とは?

「IP電話」とは?

最近の電話回線は、「IP電話」を使用しているところも多くなりました。企業でもコスト削減として、固定回線より「IP電話」を選択しているところも多くなってきました。今日はこの「IP電話」について説明いたします。

「IP電話」の読み方大丈夫だよね?

「IP電話」は、「アイピー電話」と読みます。

「IP電話」って何?

ずっと「我が家の電話」として長く機能してきた固定式の一般加入電話、そしてそのあとに、移動型として爆発的に普及した携帯電話が広まりました。そこに新しい仲間として「IP電話」が加わったのでした。

「IP電話」とは、インターネットを活用した電話サービスのことです。今までは通話料が気になり時計の針が進むたびに心配していた長距離通話を、格安料金化、あるいは無料化を可能にした画期的な電話なのです。

「IP電話」は、インターネット回線を使用して音声通話を行えます。050から始まっている電話番号は、ほぼ 「IP電話」と考えて間違いはないでしょう。

「IP電話」が普及した背景

「IP電話」が普及した事情には、インターネット環境のブロードバンド化があります。常時接続が当たり前の世の中。インターネットは時間にとらわれないサービス、というイメージも定着してきています。

「IP電話」は、そのインターネット環境を利用することにより、提携グループ同士のIP電話を利用した通話は時間に関係なく無料、一般加入電話への通話も全国一律料金というサービスが実現できました。今では、ほとんどのプロバイダが「IP電話」提供が普通という時代になりました。

「IP電話」の特徴

・「IP電話」は 主にNTTの光やADSL フレッツサービスに対応したプロバイダである OCN、ぷらら、Nifty、Biglobe、Exciteなど、auひかりのプロバイダである KDDIなどからの提供になります。

・「IP電話」を使うには 「IP電話」対応機器 「VoIPアダプタ」が必要になります。
・プロバイダによっては 「IP電話」サービスがオプションとして付いていることがあり、インターネット契約とは別に申し込むことで利用することができます。
・プロバイダ申し込みにかかる費用等はありますが、「IP電話」自体の導入費用は割安です。
・「IP電話」には、市内・市外という区別がないため、全国一律料金で通話できます。つまり、長距離・国際の通話料金が格安で提供されています。
・通話先も同じ提携グループの「IP電話」サービスを利用している場合、なんと通話料が無料になります。
・「IP電話」では NTT東日本提供のひかり電話以外は、110や119などの1から始まる緊急電話番号や0120などのフリーダイヤルなどへ掛けることはできません。

スマートフォンでの「IP電話」

通常「IP電話」は 自宅や会社などの固定されたインターネット回線で利用するのですが、スマートフォンでも使われています。具体的には、SkypeやLINEがこれにあたります。登録ユーザー同士での通話は無料ですが 固有の電話番号というのは基本的にありません。発着信は 原則として登録ユーザーのみとなります。

スマートフォンのIP電話では 固定回線のように専用の機器は特になくNTTコミュニケーションズが提供している050 plusなどの「IP電話」用のアプリをインストールして使います。

「IP電話」を使うシーン

家庭の中では、もはや「IP電話」を引くのが当たり前になってきました。

「もはや電話と言ったらIP電話のことしか思い浮かばないね!」
「そうですね!固定電話とIP電話との料金比較しようと思ってインターネットで固定電話と検索しても、NTTすらひかり電話がでます。」

「IP電話」を英語にするなら?

「IP電話」は、「Internet Protocol phone」もしくは、「 IP phone」となります。

・このIPアドレスによって、IP電話装置10A自体の電話番号を送信してきた相手方IP電話装置と呼接続を行う。

 The IP phone 10A makes call connection to the opposite IP phone transmitting the telephone number of the IP phone 10A itself by using the IP address.

・テレビ会議システムについて説明するが、ここに記載する技術は、携帯電話又はIP電話のような電話通信と、異なる初期設定言語を有するコンピュータが通信する様々なコンピュータネットワークアプリケーションとを含み、言語間互換性に依存する様々な他のシステムへの適用を有する。

 Although described in terms of a videoconferencing system, the techniques described herein have applicability to various other systems that reply upon inter-language compatibility, including telephonic communication such as cell phones or IP phones, as well as various computer network applications in which computers having different initial setting languages are in communication.

現在は「IP電話」という言葉の時代を生きている

固定電話はバカ高かった時代、固定電話の権利をNTTで7万円くらいで買ったりしていました。もちろん、NTTは解約時に買取として後で戻ってくると言われて信じていました。

しかしながら、「IP電話」という驚異的な安さの金額が出てきて、今では、ほとんどのプロバイダが「IP電話」提供が普通という時代になりました。すっかり固定電話の価値もなくなりました。「IP電話」という言葉も、また何十年かしたら、なくなるのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています